ちゃんと健康に気を付けないと仕事はできない

血液がドロドロになるってよく言われるけど、何がいけないの?調べてみると後悔しました(笑)

血液がドロドロになるのにはコレステロールや中性脂肪を多く摂取してしまっているからなんですが、これを脂質異常と呼びます。血液の流れが悪化してドロドロし、血管ももろくなってしまっている状態の事です。こういう場合は若くても高血圧・糖尿病などの症状を発症してしまう可能性も十分あるんですね。

これが長年続くと脳梗塞や心筋梗塞といった生死にかかわる病気にかかりかねません。幸い死ななくても失明の危険性や人工透析など一生何かしらの対応をしないといけない状態になる可能性も高まります。

で、一番怖いのはこういった症状はある日突然起こるという事です。自覚症状がないんですね。よく思い返してみてください。脂っこい食事、、、ラーメンやチャーハン、お肉屋炭水化物ばかり食べていませんか?そんな方は超要注意です。

あと残念ながら食事の量を減らしただけでは脂質の数値は下がりません。

なんとコレステロールのほとんどは体内で作られ、食事からは2割程度なんです。食事を制限したからと言って生活習慣病になるリスクが減るわけではないんですね。とはいえ中性脂肪の吸収を抑えるという点では効果的ですので暴飲暴食は避けてやはり野菜中心食事は健康にはおすすめできr方法ではあります。

対策としてはやはり運動が最も効果的ですが難しい場合は青汁や錠剤のサプリメントを飲んでも良いと思いますね。青汁であれば大麦若葉の入った青汁がおすすめですね。とにかく食物繊維がたっぷり含まれていて腸内環境を整えてくれます。併せて難消化デキストリンが配合されていればなおいいです。難消化デキストリンは内臓脂肪がつくのを抑え、血糖値の上昇を抑え、便秘解消や腸内環境を整えて目根気力向上などの嬉しい効果あたくさんあります。

これから体の事を考えていきたい方は食物繊維としっかりとることをおすすめしますね。

ちなみに臨床試験では高脂血症12人に難消化デキストリンを3カ月飲ませたら総コレステロール、中性脂肪の値が異常力改善されたというデータも出ているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です